居心地の悪さが成長につながる

[更新日]

居心地の悪さが成長につながる

徳倉です。

大人数の立食パーティーが苦手です。

これは全く慣れないので、そそくさと帰宅することが多いです。

 

さて、タイトルに関係あるようで無いような書き出しでしたが、新年度になり新しい職場や新しい場所、コミュニティに属するそんな方も多いのではないでしょうか?

私も新しく所属をする組織やコミュニティも複数あり、どこでもまだ新参者ともあって決して居心地が良いとは感じません。

しかし30代を過ぎたころから思っていたのですが、(ある年齢までは)「居心地の悪さ」が人を成長させるのでは?と感じています。

新しい組織や人と関係性を持つ、自分の能力の生かし場所を考えるなどと、ポジティブにとらえて自らの特徴を磨く機会としています。

 

誰も自分のことを知らない。
私も周りの方のことを知らない。

こんなときこそが、チャンスです。

もう一生出会わないかもしれませんし、しかし仕事でこれから一生お付き合いするかもしれない。

そういう機会だと思って居心地を良くする工夫を重ねることで、自分の領域が広がる良い時期だと、私はとらえています。

 

プライベートはともかく、仕事では居心地の良いところばかりいると、なんとなく甘えが出てくるかもしれない。私はそう思うので、わざわざ居心地の悪いところへと出かけることもあるくらいです。

今日はこの辺で。