[高松移住 #008] 公園は本来ダイバーシティなもの

[更新日]

徳倉です。

昨日は天気が良く、夕方娘を抱いて公園へ。
東京にある公園は小さいか、とても大きいかいずれかのイメージですが、こちらは近所にある公園が大きい。

今回訪れたのは、地域の中央公園だったが、小学校のグランドくらいの広場に小高い丘が2つ。
到着するとこの公園が、いかに愛されているのかが良く分かります。

犬の散歩しているご夫婦。
保育園・幼稚園児連れのお父さん。
おばさん二人組。
高校球児の結構本気キャッチボール。(一人は確実に左投げ投手)。
小学生のサッカー練習(結構うまい)。
バスケットゴール付近では中学生二人組がシュート&ディフェンス練習。

 

ひと言で表すと、「ダイバーシティ」なのです。

色んな年代・性別それぞれの好きなことをしている風景。
ただ娘を抱いて公園に来ただけなのだが、ここまで色んな人が楽しげに過ごしているのはここでは珍しくないのかな?などと、思いにふけながら過ごしした少しの間。

 

一つだけ気づく。

禁止事項や利用方法の様な看板が見当たらない。
なるほどね。

ダイバーシティ推進の方法の一つはある程度それぞれに合った場を用意して、あれやこれや口出ししないことなのかもしれませんね。

今日はこの辺で。