[高松移住 #024] 日本創成会議の「東京圏高齢化危機回避戦略」を読んでみた

[更新日]

local

徳倉です。

ニュースで大きく取り上げられていたこともあり、「東京圏高齢化危機回避戦略」を読んでみました。概要版は下記を参照ください。

[PDF] 東京圏高齢化危機回避戦略 一都三県連携し、高齢化問題に対応せよ <概要版>

どんなことが書かれているか?を かなり省略して書きますと・・・。

東京・埼玉・千葉・神奈川(これらを東京圏と呼んでいる)の4つの地域は10年後に大変深刻な介護難民が出ますよ!この対応を今からしないとまずいです。地方で介護・医療施設が整っていながらも余裕があるエリアへの移住も考えてね!

爽やかに書きましたがそんな感じです。
私の住む香川県高松市も移住先の先にちゃっかり記入されています。

私の意見は、四国に縁がある人は今から香川に住むことを「真剣に」考えた方が良いのではないか、ということ。
地方とはいえ、田舎ではない地方都市に移住すると本当に便利かつ住環境が良いのです。

オススメの相談先は香川県庁1階にある香川県移住サポートセンターです。ここからスタートして基礎自治体に相談するのが良いと思います。

就職ではなくて「起業」することを考えているなら今ですと助成金(移住者起業支援補助金 [PDF])もあります。

 

そして、この創生会議に対する私の意見。

問題提起はとっても良いと思いますが、解決策がいわゆる東京圏内での施策ではなく、いきなり地域への移住・移動を想定しているのは少し話が飛びすぎているのではないかと思います。

昨年、地方消滅についても触れている会議ですので、地方に人口を移すという点で提言されているとは思いますが、介護対象者のみの移住は現実的ではなく、やはりまずは地方に親がいる東京圏の生産年齢世代を地域に戻す施策を考え実行し、次の施策として縁があまりないけれど受け入れることができる土台を作るようにしなければ机上の空論になるのではないでしょうか。

今日はこの辺で。

(img via Ben Garney)