[高松移住 #032] “できそうでできない”ことをやってみる

[更新日]

20150721-01

徳倉です。

18日~20日までの三連休は昨年年末から予定していた、両親・弟家族・我が家の3世帯での淡路島旅行でした。

昨年の5月に父が勤める会社の役員定年を迎えたお祝いで3世帯が集まって旅行したことに両親がとても喜んでくれ、今年も集まることができました。

両親がまだ健在で、孫たちも現在は5人になってますがそれぞれ小さく、「じいちゃん」「ばあちゃん」と甘える世代ですので、私の両親も最終日には疲れも出ていますがとても充実した時間を過ごせていると思います。

20150721-02
われわれの世代はそれぞれに仕事をしていますが、たがいに休みを合わせるとなると相当骨が折れます。

ですので半年以上前から準備をして休みを合わせ子ども達と自分たちの体調も万全を期すように努力しての旅行となりました。

その甲斐もあって、今回も無事に大きな体調不良もなく過ごせました。
3世代の旅行というと、“できそうでできない”。

世帯がすべて集まるとなると本当に色んな条件が揃って始めてできることでもあり、それだけに私の両親も喜んでくれているのだと感じます。

仕事においても、生活においても聞くことはあるけれど、実際にやるとなるとちょっとハードルが高い。

あえてトライすることで、それがかえって大きな経験・思い出になるのではないかと強く感じた夏休みのスタートダッシュでした。

今日はこの辺で。