[高松移住 #040]「職住接近」のすばらしさ

[更新日]

徳倉です。

今日は午後から内閣府主催の「輝く女性応援会議 in香川」が開催されます。

私も末席でにぎやかし担当として登壇させていただきますが、会議の報告ついては明日のブログでお伝えしたいと思います。

 

さて、以前から何度か触れていますが私の住む高松市は「コンパクトシティ」を標榜しております。

香川県が47都道府県で一番面積が小さい県であることもそうですが、中でも高松はメインのの駅・港・はもちろん、行政エリア、商業エリアや繁華街も一点に集まっており非常にコンパクトであります。

今日のフォーラム会場もサンポートと呼ばれる港の一角にあるエリアで開催されますが、自宅から車で10分かからず、自転車でも20分程度の距離に位置しています。

オフィスは中央町というところに構えていますが、自宅から自転車だと7分程度。東京感覚だと徒歩圏内になります。

 

そのような「職住接近」は経済的にも良いのですが、何よりも時間のゆとりが生まれます。

場所にとらわれない働き方ができる方は、業務の効率化と併せてUターンや移住も含めた職住接近を真剣に検討することをお勧めします!

今日はこの辺で。