[高松移住 #042] 楽しかった夏休み

[更新日]

徳倉です。

いよいよ、長男(小1)も今日が夏休み最終日(次男は数日残っています)。
今日もお弁当を持って学童へ行きました。

今年は高松に戻ってきて初めての夏でもあり、小学生になった長男の本格的な夏休みでもありました。

私の仕事の兼ね合いもあり、前半にたっぷり遊び、後半はあまり夏休みらしいことはできませんでしたが、家族で過ごす総時間数は比較的たっぷりとれた夏休みになったのではないかと思います。

 

1年生になると宿題がいくつか出されるので、親がどこまでフォローするのか夫婦でも大変悩みました。

選択制の課題もあり、「書道はまだ無理だな」とか消去法で出来ることを促して取り組ませるなんてこともこの夏はしました。

 

個人的に力を入れたのが「音読」です。

教科書をただ音読するだけですが、暇を見ては「音読しよう」と言い教科書を読ませるようにしましたが、やはり私の息子だけあり遊ぶ方が1,000倍楽しい様子でした。

幸い この夏はTVのお仕事もあり、画面の中でコメントをしている私の姿を毎週観ていたので、ちょっと音読にもトライできるようになったのが親として嬉しく感じています。

 

子どもにとっての夏休みの思い出はどのように刻まれたか正確に知る術はありませんが、楽しく過ごす時間をできるだけ多くとろうと工夫した夏になったのは間違いありません。

来年の夏休みがすでに恋しくなっております。

今日はこの辺で。