[高松移住 #045] やはり公園が多いと思う高松の街

[更新日]

徳倉です。

連休中、何度か子どもを連れて出かけていますが、今日は公園で走り回っていました。

最近東京に住む知人のFacebookで、子ども達が遊んでいる所に近所に住んでいるらしい高齢の男性が怒鳴りながら、「うるさいから帰れ」といった場面に遭遇してショックを受けたと書かれていました。

さまざまな状況があるのだとは思うのですが、高松の街は人口のわりに公園が多いそうで、平日夕方や休日も子ども達がワイワイ遊んでいます。

 

今日も家族連れもいれば、サッカーチームの帰りにメンバーで遊びに寄ったグループ、中学生らしい男女混合で10名くらいがドッチボールをしたり、片隅の石畳のエリアではラジコンで遊ぶ父と子どもなど、年齢も遊び方もかなり幅かったのです。

見た目以上に広い公園ではあるのですが周りにため池があり、住宅と密接というわけでもないので子ども達の声もいい感じで拡散するのでしょうか。

 

子ども同士でぶつかったりなどの危険な様子もなく、ボールが転がればみんな笑顔で取って返してくれるそんな素敵な環境で暮らすことは、子どもにとっても親にとっても非常に贅沢なことであるのだなとあらためて実感しました。

都会がダメで田舎が良いというわけではなく、ライフステージに合わせた贅沢な環境といったものが存在するなぁとぼんやり気づいた休日の一コマなのでした。

今日はこの辺で。

【参照】[高松移住 #008] 公園は本来ダイバーシティなもの