[高松移住 #050]「コテツダイ」、はじめてみませんか?

[更新日]

徳倉です。

ファザーリング・ジャパンのメンバーで、パパ料理研究家の滝村さんに以前教えていただいた「コテツダイ」という言葉があります。

お手伝いではなく、「コテツダイ」。

3歳くらいまでの子どもたちが、「お手伝いしたい」となっても、正直お手伝いになっていないことはよくある話です。

むしろ、さらに仕事が増えてしまうようなこともままあるのではないでしょうか?

忙しいときなどは「お父さんがやるから」「お母さんがやるから」と、子どもがやりたいタイミングを遮ってしまう。

これも多忙な時代にはよくあることだと思います。

しかし、いつもはできずとも週に一度でもじっくり子どもと向き合って、お手伝いしたい意欲があるときに「コテツダイ」と割り切って、しっかりと取り組ませてみる。

このことは、将来的にも家事ができるようになる”ファーストステップ”になると感じています。

わが家も次男が2歳のころからコテツダイに取り組んでいました。すると4歳になった今、料理の時間になると毎日台所で卵を割ったり、ニンジンの皮を剥いたりと、次第に頼もしくなっています。

ぜひ、コテツダイはじめてみませんか?

今日はこの辺で。

(img via Stephanie Sicore)