[高松移住 #072] “最強チーム”で小さな冒険の旅へGO!

[更新日]

20160730-02

徳倉です。

スマホゲーム(ポケモンGO)大流行ではありますが、地方にいますと都会と比べどこでも楽しめるという環境ではありません。

大きな公園や彫刻などのモニュメントがある所にアイテムをもらえるスポットもあるので、おのずとそこにプレイヤーが集まっています。

まぁやってない人から見ると妙な感じに映るので、ご意見はあると思いますが、私は特段反対ではないです。

20160730-03

さて、5歳の次男と先日栗林公園へと行きました。

未就学児は無料で入園、そしてなんと香川大学の大学生・大学院生も入園無料(学生証提示必須、私院生です)。我々二名はある意味“最強チーム”と化して、てくてくと小さな冒険の旅へ。

次男はポケモンGOの存在を知っているので、スポットにもなっている栗林公園内で少しスマホをいじっていましたが、目の前に広がる芝生で走り回り、池のコイキングならぬコイを探し、すっぽんを見つけ、最後は赤とんぼを捕まえるのに必死でした。

実は松ぼっくりを片手に持ったままモンスターを探していたのですが、本人的にはそれは「ポケモンボール」だったようです。

20160730-00

炎天の午後、水筒持参で親子ででぶらでのGOは仮想世界とリアルを行き来するような感じになりながらも、私にとってはかけがえのない楽しい時間となりました。

ゲームでもリアルな遊びでもある年齢までは親と共にコミュニケーションしながら、やれればそれほど大きな問題にもならないかなと考えるのは少し甘いのかもしれませんが、私にとっての理想の一つだなのだと思います。

以前、ポケモンGO配信直後のレビューをブログに書いていますので、よければあわせてご覧ください。

【参照】『ポケモンGO』の感想とこれから

今日はこの辺で。

20160730-01