[高松移住 #083] 子育てしながら住むなら地方が楽しいよ

[更新日]

[高松移住 #083] 子育てしながら住むなら地方が楽しいよ

徳倉です。

香川県移住ポータルサイトに出ていたり、高松市移住応援隊のリーダーもやってます。

夫婦2人と子ども3人の5人家族の形態は埼玉県に住んでいたころと変化はありません。

 

しかし子育てという観点でのみ見てみると、圧倒的に地方の方が育てやすいことがあると感じています。

たしかにプロ野球がしょっちゅう開催される地域でなければ、中々プロ野球は観れませんし、サッカーもそうです。

テニスの試合だって、東京や大阪でないと大きな大会は観れません。

幼児教育や最先端のプログラミングを習おうともかなり数が少ないか、全く無いということもあるでしょう。

 

しかし、地域(地方には)それらが無くても余りあるほどの魅力が数多くあると思うのです。

それは単純に都会がダメで地方が良いとか、都会が良くて地方が悪いという短絡的な話ではありません。

ライフステージや家族の価値観(個人の独りよがりでな思いではなく、夫婦や家族で相談し合意形成できた価値観のこと)に合わせて、家族の最大公約数になる「楽しさ」や「幸福感」を感じられれば良いと私は思っています。

 

私が住む高松中心部は15分で海(サンポート)に出れますし、15分で山(峰山)にも行けます。

県内の移動は1時間あれば小さい県でもあるので、様々な場所に行くことができ驚くほどの自然に触れ合うことも可能です。

[高松移住 #083] 子育てしながら住むなら地方が楽しいよ

*写真は住まいから一時間程度の「まんのう公園」です。

もちろん、街の中心に足を運べば、銀座SIXは無くともそれなりのものはそろいますし、楽しく食事をとる場所も多くあります。

穏やかな海や、なだらかな山があるのは瀬戸内の特権かもしれませんが、同じような場所は全国各地に点在しているだろうなぁと思っています。

[高松移住 #083] 子育てしながら住むなら地方が楽しいよ

いつの日か私たち夫婦の両親が介護のお世話になることもあるかもしれないし、可能な限り遠い将来に両親を見送った後には私たちのライフステージは大きく変化していると思います。

その変化を楽しめるように、今の子育て期の大変さや幸せを感じれるためにもUターンしてきたのだなと再確認する3度目の夏かやってきたのだと感じます。

少し仕事をセーブしながら、子どもたちと夏を過ごす覚悟を記してみたのでありました。

今日はこの辺で。