[高松移住 #087] 誰に会うか、会いに行くか。

[更新日]

誰に会うか、会いに行くか。

徳倉です。

先週の土曜日、香川県内での最大のイベントは「全国植樹祭」でした。

が、そちらには全く関係なく、長男の大変楽しみにしていたイベントに参加しました。

その名も「杉山愛キッズテニスクリニック」。

杉山さんも当日のご本人のブログにアップされています。

 

プライベートでもお付き合いある方は長男がテニスが大好きなことをご存知かもしれませんが、息子はとってもテニスに情熱を燃やしているテニスキッズです。

その熱意を知っているので、できるだけ色々な機会を探し親としても取り組んでいますが、そこにかける熱意が凄いのかテニス運が強いように感じます。

夏前には高松で開催された松岡修造さんのテニスクリニックにも参加し、その中から選ばれた人が1球の試合をできるということで松岡修造さんとラリーを経験。

 

今回のクリニックも抽選でしたが、見事に当選し参加。

今回も杉山愛さんとラリーし、とても嬉しそうでさらにモチベーションも上がっていました。

小学生ですので自分で情報を収集して会いに行くということは中々できないと思います。

ましてや地方ならその機会も限られています。

そこで思うのは、どれだけ子どもとコミュニケーションを取りつつ何が好きなのか、何をしたいのかを押し付けではなく引き出す努力をする中に、親として機会を提供することができるのではないかと感じています。

我が家は3人子どもがいてそれぞれに似ている所もあれば違っているところあり、親が思うようにはいかない所ももちろんありますが、それ以上に可能性を信じつつ伸びていく様子を見るのが親としての喜びの一つと確信しています。

 

「仕事の質を上げて短時間で収めつつ、家族時間という量を上げていく」

 

私の目下の努力はこの一点にあると言っても過言ではありません。

今日はこの辺で。