新人と上司の関係を見ながらラジオ収録

[更新日]

20150408-03

徳倉です。

昨日のFM香川午後の帯番組「JOY‐U‐CLUBに出演させていただきました。

インタビュー収録でしたので生放送とは違って、「失敗してもなんとなくOK」といった雰囲気はありましたが、もちろん撮り直しなしで無事終了。

今回は私が東京から香川へと移住してきて、ファザーリング・ジャパンとは何ぞやといったことや、「イクメン」「イクボス」とはどういったことなのか、なぜ必要なのか、というお話を今の日本社会の出来事と重ねつつさせていただきました。

新人と上司の関係を見ながらラジオ収録
今回はこの月曜日(収録日)から新人としてFM香川に入社してパーソナリティデビューした大熊さんと、安定感抜群の井川さんのお二人との楽しい時間でした。

大熊さんの緊張した面持ちと井川さんの上司としての温かい眼差しやとっさのフォローを垣間見ながら、「イクボスは厳しい中にも優しさあふれるコミュニケーションが重要なのだ」ということが、私なりに再確認できた時間でもありました。

家族も仕事もコミュニケーションが難しいと上手くいくものもいきません。
そして「初心忘するべからず」というのはある程度年齢を重ねると、当時の自分の気持ちを思い出すというよりは、当時の未熟な自分に対して接して下さった先輩方の思いやりを新たに気づくものなのではないかなと感じた収録でした。

新人と上司の関係を見ながらラジオ収録

FM香川の皆様ありがとうございました。

今日はこの辺で。