居心地の悪い場所に出向く

[更新日]

居心地の悪い場所に出向く

徳倉です。

私自身いくつか“マイルール”を持っていますが、30代になってから取り組んでいることの一つに「居心地の悪い場所に出向く」と言うのがあります。

これは絵本ナビの金柿社長も同じことをあるときにおっしゃっていて嬉しかったのを記憶していますが、どうしても我々は一般的に居心地の良いところに長く滞在しようとします。

これは当然ですし、良いことなのですが仕事に限って言うと、「居心地の良い所」では人間的成長も売上なども頭打ちになってしまうと私は考えています。

知った者同士でいつもの会話で盛り上がるのではなく、知らない場所・知らない環境に身を置いて自らの得意分野を発揮していく、もしくは気づいていく機会が様々なチャンスを生むのではないかと思います。

仕事で難しければ、PTAやNPO活動、また地域活動にと意識を向け、足を運ぶだけで1年後・3年後の自分の環境や人とのつながりが大きく変わってくることもあるのだと思います。

20代や30代のうちに居心地の悪い感じるところに積極的に出ていくことで、40代・50代になったときの社会的な幅の広さや得られる経験も違ってくるのではないでしょうか?

少なくとも私が共にNPO活動をしている40代・50代の素敵な先輩たちはその様にしてチャレンジしてきているようです。

慣れからくる甘えが出ないように、私も常々意識して実は人見知りではありますが、積極的にでていくようにしているのです。

今日はこの辺で。

(img via Damien du Toit)

タグ: