やる気が出ないときにどうするか

[更新日]

徳倉です。

間もなく五月。

「5月の連休が終わると、授業に来る学生がぐっと減る」。

大学時代、憲法を教えてくださっていた教授がよくおっしゃっていましたが、これぞ5月病というやつでしょうか?

幸いなことに、これまで一度も5月病にかかった記憶がない私ですが、いつも「元気がいいね?」「動き回ってるね?」「いつ休んでるの?」とまわりからそう言われます。

(そこそこ休んでいますがそう見えないようですね。どのように時間管理しているかはこちらの過去記事を ⇒ 1週間単位ではなく、24時間単位で体調管理する

 

でも、やる気が出ないときもあるんです。
そのように しなくちゃいけないのにやる気が起きないときに何をするか。

ざっと挙げてみると、

①コーヒー(カフェオレ)を入れる
②場所を変える
③人に会いに行く
④昼寝する(夜なら子どもと寝る)
⑤早起きする
⑥マンガ読む(今は「僕のヒーローアカデミア」がお気に入り!)
⑦意味なくスーツに着替える

などがあります。

これらは自分なりの気分転換なのですが、なかでも③・⑥は効果てきめん、気持ちが切り替わります。とくに
人に会うと、「自分もやらねば!」という気持ちがふつふつ湧いてきますね。

 

調子のよいときに何が自分の気分転換かを把握できていると、いざというときのお守り行動になりますよ。

今日は一つ一つの解説はやめることにします。

どうしてかって?
週末長男がかかっていた胃腸炎がうつってしまったようで、ちょっとやる気(元気)がないからです。

今日はこの辺で

 (img via Marina)