香川県男女共同参画フォーラムでした

[更新日]

20150511-01

徳倉です。

5月10日は母の日でしたね。

この日は、香川県主催の「女性が輝く地域づくり講演会」が開催されました。

 

浜田知事のご挨拶にはじまり、内閣府男女共同参画局・武川局長の講演会、パネルディスカッションということで、私は後半にパネラーとして登壇させていただきました。

武川局長とは、内閣府の会議でいつもご一緒させていただいているためよく存じ上げているのですが、実は私と同じ香川県のご出身なのです。お話も面白く、つい身を乗り出して聴き入っていました。

最新の国の動向や現在提出している女性活躍推進の法案のこと、3月に発表された少子化社会対策大綱についてもお話いただき、あっと言う間に一時間が過ぎていきました。

 

後半はコーディネーターにいつもラジオでご一緒させていただいております鴨居アナウンサー、コメンテーターに武川局長。
そして、パネリストには香川医大附属病院の秋山さん、いづみこども園理事長の忽那さん、高松三越の辻村社長と私の4名で担当させていただきました。

自己紹介の後に、それぞれの立場から「女性が輝ける職場・社会」について本音で語り合い、時にはパネリスト同士で質問しあうなど、ここ最近参加したパネルディスカッションの中でもかなり盛り上がった内容でした。

私からは、互いの立場に対して「尊重」から「理解」へという話や、女性のこれ以上の就労継続には男性側の家事育児の参加が必須であること、男性の働き方の改善が必須であることなどをコンパクトにいくつか笑える事例も交えながらお話させていただきました。

 

私のこの日の発言内容やパネルディスカッションの際に気を付けている点などは、またあらためて別のブログで書きたいと思います。

今日はこの辺で。