養護学校看護師一斉退職のニュースを見て

[更新日]

徳倉です。

今日は内閣府の男女共同参画連携推進会議などがあり上京(写真:内閣府前で撮影)。

その道中で新聞やwebでニュースチェックしていると、「養護学校看護師一斉退職」のニュースを目にしました。

「鳥取養護学校:看護師全員が一斉に辞職」(毎日新聞)

 

私自身 ニュース以上の情報はないものの、事実関係や記者のバイアスがかかっていることもあると思いますが、おおむね以下のような内容でした。

  • 鳥取県立養護学校で6人の看護師が同日に退職申し出
  • 6人の看護師は全員非常勤
  • 本来は8名体制の職場
  • 児童のケアに対して(恐らく特定の)保護者から繰り返し威圧的な言動あり

 

上記の状況に対して記事では

野坂尚史校長は「本来は8人の看護師が必要。一刻も早く人材をを見つけたい」と話した。県教委は「医療的ケアを必要とする児童生徒が増え、看護師の体制が苦しかったとも聞いている。組織としての受け止めなどが不十分だった」と釈明。県看護協会などに派遣を要請中で、近く学校でのケアを再開する方針という。

とのこと。

 

このニュースを見て私が感じることは、些末な問題ではなく全国的にみてもまだ顕在化していないだけであって、実際には同様のケースは地域を問わず存在すると認識しないといけないということです。

たとえば、24時間営業だった飲食店チェーンが人員確保できず、営業時間を変更した事例をはじめニュースになっていないだけであり、相当数の企業で起こっている問題だと思うのです。

私が関わっている企業の働き方改善の事例でも、ある事業部で働き方・賃金双方の問題で徐々に人が辞めていき、事業自体の撤退も視野に入れないといけないほどになり、改革をはじめるケースもあります(ちなみにこの事例は1年後働き方を改善し、男性管理職が育休を取るまでに変化が起きました)。

 

非常勤だから、専門職だから、地域のことだからではすまされる問題ではありません。

組織のマネジメントをどうしていくのかを真剣に考えなければ、これからの労働力人口が減り続ける日本社会において、組織が維持できない企業がどんどん出てくるのではないかと危惧するのです。

男性の長時間労働・女性の就労継続、受益者と提供者双方の納得感ある環境。

それを作り出すのは経営者・管理職のイクボスマインドではないでしょうか?

長くなったので今日はこの辺で。