4時間の新しい働き方&イクボス研修を行いました

[更新日]

02

徳倉です。

昨日は三重県におじゃましていました。

三重県はファザーリング全国フォーラムの実行委員長をさせていただいていたご縁で、その後も県内の企業さんや行政関係の研修などでお呼びいただいています。

昨日も県内の大手企業様の人事研修として「イクボス」をテーマに、講座・パネルディスカッション・ワークショップと盛りだくさんの内容で行いました。

今回は、それぞれの部署の上長と部下が2人一組で受講していただく仕組みを私が提案し、その提案通りの研修となりました。

管理職だけ、または一般職員だけと分けてしまうよりも、同じタイミングで席を並べて研修することは、とくにイクボスやイクメンのような「風土」を変えるための研修にはもってこいでなのです。

単に聴いただけで終わらせず、お互いに良い意味で確認しあいながら、研修後の業務で活かす工夫をしてもらいやすい流れを作るためでもあります。

講座後の懇親会も少しの時間しか参加できませんでしたが、ワークショップで盛り上がった勢いそのままに、「どのようにすればイクボスに変われるか」「風土を変えられるか」と熱い議論がされており、最初の一歩としてはとても有意義であったのではないかと思います。

01
ここ最近、全国の首長や組織で「イクボス宣言」が続いております。

ブームと言えばそれまでですが、なぜこのような流れになっているのか、それは新しいマネジメントの手法として受け入れられていること、必要とされてきている証拠ではないでしょうか?

ぜひ、皆さんの組織にも「イクボス」の風を取り入れてはいかがでしょう?

今日はこの辺で。