外に出てゆく

[更新日]

徳倉です。

今週は月・火以外は関東や九州などへと出張が続きます。
だからという訳ではありませんが、放っておくと引きこもりがちになる自分を出張のタイミングで奮い立たせる良い機会としています。

このブログでは事業のことについてはこれまであまり触れていませんが、四国内のお仕事も四国外のお仕事もしっかりと獲得しながらバランスの良い比率にしたいと目標を立てています。

当然、家族とともに香川に引っ越して拠点を構えているためずっと出っ放しではありませんが、どちらかといえば関東を中心にお仕事を広げていくことを目指しています。

 

外に出ていくといえば、海外もそうですね。

二十歳の時に幼馴染の男3人でアメリカ西海岸を車で2週間ちょっとかけて縦断したことがあります。
ルートは、シアトル→カナダ・バンクーバー→シアトル、サンフランシスコ、ロサンゼルス、サンディエゴ→メキシコ・ティファナでした。

印象的な出来事は山ほどあった旅でした。基本的には、I-5と呼ばれる州間高速道路を走るのですが、途中まっすぐな一本道とその周り見渡す限り牛が放牧されている景色を見たときに、「美味しさは兎も角、牛肉の価格では勝てないな」と強く思ったものです。

また、サンフランシスコに入る前でしたでしょうか。
ベルモンテのケチャップ生産工場の近くを通った時に、大型のダンプカーに山盛りのトマトがむき出しで積まれ、高速IC降り口のカーブのときにトマトを落としながら走る姿にも唖然としたのをよく覚えています。

 

どういうわけか食べものばかりの話になりましたが(他にも当然ありますよ!)、住む場所以外の土地や違う国で刺激を受けることが、自分の拠点での活動に大きく影響を与えるだろうと経験則から感じるものがあります。

だからこそ、飛び回るように出かけるのかもしれません。
今週もガンガン飛び回ります。

今日はこの辺で。

(img via Doug Letterman)