取材を受けると思考がスッキリする(ちょっとだけ告知)

[更新日]

徳倉です。

今週は2件取材を受けました。

一つは「イクボス」についてのインタビュー、もう一つが「子育て・働き方」についての密着取材です(過去の掲載履歴は「メディア掲載」を参照ください)。

たまたま同じ日の午前中と、午後・夜と分かれていたので、同じオフィスの撮影でもカメラの配置や撮り方が異なっているのを確認でき違った楽しみがありました。

また、前半のインタビューは女性記者(独身)で後半の密着は新婚の男性ディレクターが担当され、年齢は同じくらいですが質問の仕方や切り口が違っていて私自身も勉強になりました。

 

インタビューや取材を通じていつも感じるのは、自分の思考が整理されていくということです。

ふだん何気ない日常の行為やあり方を言葉にする作業は意義のある時間です。

そのために以前書いたようにインタビューを受ける際に意識しているこのことは、言葉を使って伝える仕事(講演)にも大きく影響します。

だらだら長いフレーズではなく、比較的短く簡略した言葉でセンターピンを捉えてその後に肉付けをしていく。

このくり返しが講演やセミナーで私が大事にしている「伝えやすさ」のポイントでもあります。

さて告知です。

 

<放映予定>

  • 「イクボス」についてのインタビューは、7月30日木(本日)18時10分~のNHK「ゆう6かがわ」
、本日の特集内で放送予定。
  • 「子育て・働き方」密着取材については、7月31日金(明日)15時50分~16時45分のRNC放送「every.フライデー」内で放送予定。

いづれも香川県内のみでございますが、よろしければぜひ!

今日はこの辺で。