香川県主催「移住セミナー」に登壇して思ったこと

[更新日]

10000048(写真:サンポート高松 )

徳倉です。

先週、香川県主催の移住セミナーにおいて「子育てと移住」をテーマに40分程度講演させていただきました。

いつもと勝手が違うのは、テーマよりも聞いて下さる参加者が多種多様でして、よい意味での温度差がかなりあるという部分です。

日曜日の貴重な数時間をこのセミナーのために使うことを決めてくださっているのは、移住に対する本気度もかなりおありだということでしょう。

実際に「いち早く移住したい」、「島で暮らしてみたい」、「他の地域と悩んでいます」とおっしゃる方も多くおられました。

10001245(写真:小豆島オリーブ公園)

 

香川に縁がある方も、まったくない方もおられる中で、今回は「子育てと移住」について体験談とUターンしたわが家の環境の変化について話をしました。

子育てをしやすい地域だというところに住んでみてどうであったかや交通手段はどうなのか、仕事の面での不安はどうなのかといったことを具体的に話した後に、それぞれの地域やカテゴリーに分かれたブースで個別相談もさせていただきました。

今回は丸亀市や善通寺市も参加され、市の担当者の具体的な話や県の子育て支援課からの説明、小豆島に移住された方のブースや、丸亀市に昨年移住をした方のブースなどそれぞれに分かれ、参加者との交流タイム。

どのブースも質問責めにあっており、移住への関心の高さがうかがえました。

 

一つ気づいたこと。

それは参加者のほとんどが、香川に旅行や仕事で来たことがある方ばかりだったことです。

仕事や学校、旅行などでその土地と交流がある人たちのことを「交流人口」と呼びますが、

  • 交流人口として香川に触れたグループ
  • 香川に縁がある方が戻ることを考えたグループ

これらの2本立てを想定したセミナーを考えると、さらに満足していただける講座になりそうだなと気づいたのでありました。

今日はこの辺で。