同時並行で進む感覚が好きです

[更新日]

徳倉です。

私が衝撃を受けた海外ドラマは高校生のときに初めてみた『ER緊急救命室』でした。
物語の内容というよりは、このドラマの主人公たちのストーリーが同時並行して進む感覚がとても好きでした。

(img via WOWOW)

 

私はお仕事でも同時並行して色々なプロジェクトが進んでいく感覚がとても好きです。

大きなプロジェクトであれば、同時に複数のタスクを進めていく必要がありますし、もちろんそれ以外のお仕事もままあるわけです。

同時に進めていく感覚や、そのときに起こるハプニングなどが発生すると私は一気にアドレナリンが出るようなな感覚になりものすごく楽しくなります。

 

先日、妻に話をすると「ちょっとおかしいけれど羨ましい」と言われました。20代の頃も当時の上司に「ちょっとおかしい」と言われていたのを思い出しました。

仕事で一杯一杯の状態が好きなのではなく(できるだけそうならないように普段からコツコツしているつもりです)、いざその状態のときに頭をフル回転させて俯瞰しながら物事を進めていく感覚が好きなのです。

ご存知の方もおられるかと思いますが、映画「サマーウォーズ」で主人公の男の子がラストの場面で追い込まれて鼻血を出しながらPC画面に向き合って「よろしくおねがいしまーーーーす!」と叫ぶあの感覚に近いのかもしれません。

ちなみに同じ監督で現在公開中なのは「バケモノの子」です。

 

そして今日は時間を作ってこれを観に行く予定です。

本日もワークとライフをトップギアで駆け抜けます。

今日はこの辺で。

(img via Jimmie)