香川経済同友会にて『イクボス』セミナーでした

[更新日]


徳倉です。

雨や曇りがちな今日この頃、秋の気配を感じます。

さて、昨日は香川経済同友会さんの中にあります「21世紀・少子高齢化委員会」の会合の中に『イクボス』をテーマにした講演を組み込んでいただき、2時間講演とワークショップを担当させていただきました。

ちなみに今朝のお知らせページでもお伝えしていましたが、地元NHKでもその様子が放映されたようです。

この事業は「子育て県かがわ環境整備事業」の一環で開催された講座で、県内の企業・団体に子育て環境の風土を作っていく事業です。

昨日は20名の香川県内企業経営者の皆様が足を運ばれ、緊張感漂う中お話でのセミナーとなりました。

地元2大銀行の百十四・香川銀行の頭取お二人もお見えになられたのは驚きで、最後までお聴きになられていました。

 

参加者からは、

「ワークライフバランス施策が、企業や団体にとってなぜ必要かわかった」「小さな一歩からでも始めないと10年・20年後に強い組織になれないと理解できた」などといったお声を頂戴しました。

アンケート結果の満足度もとても満足・満足合わせると100%でした。今回場を与えて頂いた役割は果たせたかなと思っております。

なおワークショップは当日の日経新聞が取り上げていた「ダブルケア」について参加者で議論を深めるワークを行いました。

育児と介護それ以外にも発生する「制約」に企業経営者としてどう対処し、働き続けられる組織を目指すにはどうあるべきか?などの議題に対し、大変盛り上がった講座になりました。

 

今回の環境整備事業講座は、来年の2月中旬まで続きます。

香川県内の企業・団体様であれば可能な限りお受けする方向で進めておりますので、ご興味ある方はご連絡くださいませ。

近日中に専用のWEBサイトを開設する予定です。もちろん弊社宛にお問い合わせいただいても結構です。

今日はこの辺で。