旭川市で『イクボス』講座でした

[更新日]

徳倉です。

昨日は約二年ぶりの旭川でした。

前回は旭川医大の山本教授にお招きいただき、医大での女性医師キャリアアップとWLB講座でしたが、今年は一般企業管理職に向けての『イクボス』講座としてお邪魔しました。

出張の際はたいてい観光はほとんどできないのですが、昨日はフライトの関係で少し早く着いていたので、有名な旭山動物園へ弾丸ツアーをしました。

行かれた方はご存じだと思いますが、“行動展示”の工夫たるたるや素晴らしく、「新しいことにチャレンジすることが結果的に大きな成功につながるのだな」とレッサーパンダやオラウータン、アシカにシロクマを見ながら一人感心していました。



 

さて、本来のお仕事であるイクボス講演です。

前半は私のレクチャー形式、後半は地元の二社と政策金融公庫旭川支店さんからパネリストをお招きしてのパネルディスカッション。進行は私が務めさせていただきました。

参加者は60名の会場が満席で、ほとんど男性という男女共同参画課の皆さんも喜ぶ構成。

地域においては人材の確保、離職率を下げるために、男女ともに働きやすい環境を作っている事例をお聞きつつ、なぜそこに至ったのかを私自身もしっかりと学ばせていただきました。

人口減少社会において、労働力人口も減る中、都会ではない都市も早急にイクボスマインドを浸透させていくことが必要だなと再確認した旭川でした。

参加者ならびに関係者の皆さま、ありがとうございました。

今日はこの辺で。