トコロカワレバ

[更新日]

徳倉です。

昨日のブログの続きです。

北海道・旭川で気づいたことですが、講演先は市内でも指折りの立派な「大雪クリスタルホール」という名称の会場でした。

香川県・高松であれば「サンメッセ」や「サンポート」にあたる所でしょうか。

ここでお気づきの方もおられると思いますが、「雪・クリスタル」を持ってくる地域と、「サン」(太陽)を持ってくる地域。

同じ日本でも場所によって天候や気候が全く異なります。

使われる用途が同じ施設であっても、名称によってその地域の大切にしている「モノ」、誇りにしている「コト」がはっきりとわかる良い事例ではないでしょうか。

自分の住んでいる地域や故郷の良さを発見するツールの一つかもしれませんね。

ちょっと気にしてみると面白いかもしれません。

今日はこの辺で。

(img via 旭川観光コンベンション協会)