徳島県(南部地区)でイクボス講座と地域少子化対策協議会に参加

[更新日]

[ご報告] 徳島県でイクボス講座と地域少子化対策協議会に参加

徳倉です。

昨日は徳島県阿南市におじゃまし、県主催のイクボス講座(県南部)を行いました。

徳島県南部エリア(阿南・牟岐・美波・海陽・那賀)にある企業・団体・行政の経営者・人事担当者さんが30名以上参加され、急にNHKの取材も入っての開催となりました。

 

県の中心部ではないエリアでも「イクボス」に関心を持ち始めている方々が増えている様子がうかがえ、地域においては介護と就労継続の問題が現実的に起き始めている事も危機感として捉えているのではないかということをお話をしながら感じました。

ちょっとしたワークッショップを交えながらの2時間でしたが、「あっという間に終わった」などの感想も頂戴し、お役御免となりました。

 

徳島県が本気なのはここからでした。

この2時間の講座の後に、行政関係者と地域の少子化対策委員を別室に集めて、「徳島県地域少子化対策協議会」を開催。

そこで地域の少子化対策における忌憚のない意見を県にぶつけて欲しいと場を設けており、私はこの協議会のアドバイザーとして参加させていただきました。

予定時間は1時間でしたが、ゆうに超えて議論は白熱。

県・市・町を中心として何が上手くいき、何が手ごたえがないのかといった情報共有だけではありません。

次は何を行うまでをしっかりと意見を交わしつつ、基礎自治体で出来ること、広域自治体でフォローするところとをしっかり役割を分けながら、本気で少子化に取り組む姿勢が垣間見れた会議となりました。

なお、徳島県の西部地域のイクボス研修は10/7(水)に開催予定です。

今日はこの辺で。


タグ: