雑な仕事依頼が来たらどうします??

[更新日]

徳倉です。

色々と講演をしていますと、多様なご質問をいただきます。
これがブログネタになり有難いです(笑)

 

さて、先日こんなご質問がありました。

「徳倉さんは全国各地に行かれながらさまざまな自治体や企業、団体、NPOとお仕事されていますが、雑な仕事依頼が来たときはどのようにしておられますか?優先順位とか場合によっては断ったりするのですか?」

と具体的な質問を頂戴しました。

あくまで私のやり方や基準ですので、すべての方のお役に立てるかはわかりませんが、と前置きしつつお返事しました。

 

マイルールを3つだけ設定しています。

①基本的には先着順
②聞き返す
③こちらの要望を伝える

 

①「先着順」

価格に惑わされないために強く自分に設定しています。
短期的には売り上げが下がったとしても、コロコロ日程を変えるような企業さんや担当者の方は、私も信頼できませんので、先着順でお仕事をお受けします(講演やセミナーのご依頼の場合ですかね)。

 

②「聞き返す」

これはとっても重要です。
お仕事で打ち合わせと打診をいただくことが多いです。ほとんどの場合、その通りにすんなりと打ち合わせしたためしはありません。

事前に何のために打ち合わせをするのか?メールや電話で済む要件でないのか。これは結構詳しく確認します。決済権がどこにあるかなどもお聞きすることが多いですね。

 

③「要望を伝える」

これは②と同じタイミングが多いですが、日本は報酬の話や納期が一番最後という場合があります。
判断の基準にもなるので、「ご予算があれば先に提示ください」といち早くお願いします。ない場合は通常このくらいになりますが、大丈夫でしょうか?とも言います。

先日メール一本で仕事のご依頼(正確には私に依頼ではなく、詳しい方を紹介してください的な依頼)いただいた関係性の薄い方には、「無償ではいたしかねます」とメール送り返す事もあります。

【参照】無料と有料の境目は関係性があるかないかですよ。

 

でも一番私が大事にするのは、「一度お仕事をしてみること」です。
そこから二度とご一緒しないと決める場合もあります。

自分の仕事受けレベルを上げるためにも、雑な依頼が来たときに、自分が何を「雑に」感じるのかを分析し、そのストレスを感じないように聞き返すのか、お断りするのかをジャッジすることも大切かもしれません。

まぁこれは逆もしかりなので、相手に「今後も一緒にお仕事をしたい」と思っていただけるように日々精進するのみであります!

今日はこの辺で。


タグ: