詰め込みも時には良いものだ

[更新日]

徳倉です。

大学院に通いはじめたことは先日お伝えしましたが、このところの土曜日は朝の1限(8:50)から6限(19:30)まで、ずっと院で授業を受けています。

1-3時限は「意思決定分析」
4-6時限は「マーケティンググマネジメント」

 

現在はこの2つの授業ですが、内容もそれなりにハードですし、事前の読み物(英語・日本語双方あり)はもちろん、授業後の課題もしっかりあります。

仕事や家庭生活に加えての日々の授業なので(平日も今は4日間大学に行っています)、時間的にも体力的にも家庭的にも大変なのですが、これまでの社会生活の経験の上に学術的な切り口を得るとても貴重な時間になっています。

ここから何が生まれてくるかはまだ時間がかかると思いますが、ある事象をこれまで経験だけではなく、新しい知識や技を持って理解していく楽しさを感じています。

 

普段はワークライフバランス(WLB)についてお話しているので、WLBにあまり関心が無い方には「余裕のある話ですね」と言われたりすることもありますが、実際は逆で、どんどん生産性を上げることは「ワークハード・ライフハード」になることもしばしばあります。

それぞれのライフステージに併せながらキャリアを積み重ねていくことが、もっと当たり前になる社会になるよう、得た新しい切り口を生かしていきたいと思うこの頃です。

今日はこの辺で。


タグ: