ラジオの時間[2016年5月編]をふりかえる

[更新日]

(写真:瀬戸内海 佐柳島の鯉のぼり)

徳倉です。

一日ずれましたが、一昨日はラジオの時間でした。

たまたま5月5日の祝日とかぶったこともあり、番組はテーマも「こども」。

私の出演したコーナーでは少し難しいテーマでも、ある待機児童の話や行政・地域の役割を中心に深く考える内容をお話ししました。

 

話の内容もさることながら、せっかく祝日でしたので今回は長男・次男を連れての出演。

もちろん放送には出ませんが、ブースの外のミキサーさんやディレクターさんがいるところで、兄弟並んでお父さんの職場見学といったところでしょうか?

 

子ども心にどう映ったかはよくわかりませんが、父親や母親の働く姿見る機会が中々ない昨今、色々な方の理解やタイミングもあってのことでしたが、自分の父親がどんな風に働いているかを見せられる良い機会になったのは親としてもうれしいものです。

本人たちは、ラジオ局の方々が次々にお菓子をくれることにとっても喜んでいたので、どの印象が強く残っているかだけが少し心配ではありますが。。。

 

私は父親がよく仕事場に連れて行ってくれた記憶があるものですから、そこから今の職業観につながる点も多くあります。

今後もタイミングや協力を得ながら、私の仕事を見せられる機会を持ち続けたいと思います。

今日はこの辺で。