サミットでの “黒一点”

[更新日]

サミットでの “黒一点”(伊勢志摩スカイライン / flickr )

徳倉です。

伊勢志摩サミット開催中です。

一昨年、三重県でファザーリング全国フォーラムを開催した際に実行委員長を仰せつかりました。

当時はかなりの頻度で三重県に足を運び、知事にも何度もお目にかかり、また知人や友人も増えるなど、かなり思い入れの強いエリアです。

 

さて、このサミットでの報道ではこれまでファーストレディが首脳の会議とは別に色々な活動を行うことについて報道がなされます。

しかし、これは主催国であればこその報道であって、他国で行われる場合はメインの会議が主に取り上げられるので、詳しくはわかりません。

8年前は私は全く意識しなかったことではありますが、ファーストレディ外交的な言い方が少ない、もしくは無くなっているのではないかと思います。

今回は「配偶者プログラム」と正式には表現しているようです。

それはドイツ・メルケル首相の夫がこのプログラムに参加しているからです。
*ちなみにメルケル首相は、現在のG7の中で最もサミットに参加しているTOPリーダーです。

 

表現としては「黒一点」という言葉でしょうか。

どんどん時代が変化していきます。

このちょっとしたことに見えるけれども大きな変化大事にしたいと思います。