情けは人の為にならず。

[更新日]

(写真:男木・女木・大島)

徳倉です。

私の個人Facebookでつながっている方はご存知かもしれませんが、昨日大きな国道沿いの歩道で、ご老人が倒れているところに遭遇しました。車をUターンさせて戻り、その場に集まった数人の方と協力して救急車を呼び対応しました。

医師でもなんでもないので診断などはもちろんできませんが、おそらく軽い熱中症から足元がふらついてよろけた拍子に転倒してしまったご様子でした。

 

10年以上前の話になりますが、私が東京都内で倒れたときは人はいましたが声を掛けて下さる人はおらず、自力で何とかした記憶があります。

その記憶があるので、多少杞憂に終わろうとも勘違いでうっとうしがられても、お節介のつもりで行動するようにしています。

 

今回も一瞬わかりませんでしたが、もしかするとこの炎天なので万一の事もあるなと思い、ご老人の元へ戻ったのが功を奏したように思います。

一人駆けつけると、思いのほか協力者(フォロワー)が集まるのも興味深く、一人のお節介がいい意味で地域の力になる可能性も感じた出来事でした。

 

本当に暑い夏がやってきています。

四国は四国で非常に暑いですし、これから瀬戸内芸術祭に来られる方々はきっと島々にも足を運ばれるでしょう。

事前に調べたり、聞いたりされているかもしれませんが、島は思いのか日影がなく、歩く距離も比較的長くなります。自動販売機もある所ももちろんあるのですが、観光の方が多いと売り切れてしまっていることもあると聞きました。

是非とも熱中症対策を万全にされて穏やかで美しく、芸術に溢れた瀬戸内を楽しんでいただきたいと思います。

今日はこの辺で。