白熱検討会議! ~「仕事と家庭の調和推進のための社内制度・マネジメントのあり方に関する調査研究企画委員会」委員に就任しました~

[更新日]

白熱検討会議! ~「仕事と家庭の調和推進のための社内制度・マネジメントのあり方に関する調査研究企画委員会」委員に就任しました~

徳倉です。

国関係の委員にお声かけいただくのは、とてもありがたいことでして、今回の新しい委員を含めて4つになりました。

今回は内閣府で企業アンケートとヒヤリング、成果報告取りまとめ冊子からまた次の展開を考えている事業の検討委員会に出席しました。

 

座長は法政大学 キャリアデザイン学部 武石恵美子教授。

委員として
拓殖大学 政経学部 佐藤一磨准教授、
学習院大学 経済学部 松原光代特別客員教授
そして私、徳倉の4名で構成されています。

大学の教授陣と私というメンバーでかなり気おくれしていましたが、結果的に活発に議論と問題点の抽出ができ、1回目の検討会としては非常に良かったのではないかと思います。

 

とくに、われわれ委員も言いっぱなしではなく、この調査の後にどのようにそのデータや事例を活用して次の事業につなげるかという軸を持って臨みます。

そのため、ありきたりなただデータを取って取りまとめて終わりではなく、未だ汲み取れていない事例や専門家としてはきっとこうだろうというエビデンスが無い物に実際の事例として当てはめられるようなものをしっかり探し出す調査研究ができるように心砕きました。

内閣府の担当課長や上級研究員数名、間に入っている大手コンサル会社のコンサルタントさんがたたき台を作ってくださっていたので、それを真剣に叩いていった仕事になりました。

白熱検討会議! ~「仕事と家庭の調和推進のための社内制度・マネジメントのあり方に関する調査研究企画委員会」委員に就任しました~

思いのほか白熱し、時間一杯まで使い切っての議論は、私にとっても専門性がある分野ではしっかり学術的専門家の皆さんとも話ができるようになっているのだなと少し自信がつく結果になりました。

慌ただしい東京出張でしたが、振り返ってみると実りが多かったです。

また報告できるタイミングが来たらあらためてシェアしたいと思います。

今日はこの辺で。