「ポケモンGO」から見る地域間格差

[更新日]

ゲームから見る地域間格差

徳倉です。

別にはまっているわけではありません。

ネタとして非常に魅力的で気づきが多いコンテンツなんです。

はい、「ポケモンGO」です。

 

私は香川県・高松市に住んでいます。

仕事柄、あらゆるエリアに出没するので出かけた先でポケモンGOを起動すると、その地域の様子がゲーム上ではありますがよくわかります。

今週でも、愛媛県・東京都・島根県にお邪魔する予定になっているので、また確認したいと思います。

これまでのところ、地方であっても確かに人が集まるエリアには「スポット」と呼ばれる所が出ては来ますが、東京ほど数は多くはありません。

それだけはなく、課金してアイテムを使ってモンスターが出てくるようなものがあるのですが、東京都内ですといたるとことでそれが使用されています。

すなわちそれは、お金を使ってゲームを楽しむユーザー層が数多くいるということです。

 

スクリーンショットも取ってあるので差がよくわかります。

「ポケモンGO」から見る地域間格差

リアルと仮想を融合したゲームのスタイルですので、ある意味他のゲームよりも実際の街の力(ゲームを行う人×ゲームにかける費用)がはっきりわかる生々しいゲームだなと感じました。

どちらが良いとか悪いとかではなく、ある意味実際の街並みや人の多さを感じるように、ゲーム上においても地域間格差を感じることに少し衝撃を受けました。

 

人が多いから楽しめるコンテンツになると、とくに地方部ではそれで楽しめないということになってしまうので、その辺の工夫も今後されていくのかなと感じます。

もしかすると逆に差が激しくなって、市場原理のごとく都会で遊ぶスタイルのものと地方で遊ぶスタイルのものとではっきりと分けられる時代が来ているのかもしれません。

深く考えると少し怖い気もしますが、しっかりと捉えながらイメージ膨らませ続けたいと思います。

今日はこの辺で。

【参照】『ポケモンGO』の感想とこれから(2016.7.23)