四回目の子育てワンストップ検討タスクフォース会合でした

[更新日]

マイナンバー子育てワンストップ検討タスクフォース会合でした

徳倉です。

昨日は霞が関でマイナンバーに関する子育てワンストップ検討タスクフォースの会合でした(これまでの出席報告はこちら)。

これは、今後マイナンバーが本格普及・運用される際に子育て期のマイナンバー利用者にとって、いかに便利になるようになるかを検討する会議です。

▼議事や資料は下の首相官邸HPから閲覧可能です。
⇒ 第4回 子育てワンストップ検討タスクフォース 議事次第(首相官邸)

 

たとえると、子育て期の児童手当の申請や保育園等に毎年申請する現況届などを、マイナンバーで紐づいた情報を利用して便利に申請がdけいるようにするようなイメージです。

実はこれだけではなく、現在すでに行政が保有する情報をしっかり保護者に届ける仕組みも考えています。(予防接種情報や色々な支援情報など)

もちろん、まだまだあるのですが国は制度を運用するときに適当にしているのではなく、色々なケースを想定して運用していることも知る必要があると思います。

しかしまだまだ不足している所、抜けている所もあるのが事実でしょう。

しっかりとあらゆる制度をわれわれがチェックする意識がとても大事なのではと思うのであります。

 

マイナンバーは個人情報管理の観点からどちらかと言うと、ネガティブな情報が流れやすいもの。

しかしよく自分で調べてみると、法律的にもかなり厳格に規定がされており、自分自身で確かめる必要のある事柄の一つではないかと思うのであります。

今日はこの辺で。


タグ: