夏休みが終わる方が忙しい?

[更新日]

夏休みが終わる方が忙しい?

徳倉です。

全国的にみると、先週から新学期が始まっているエリアも多いようですが、今日から2学期スタートの学校もまだまだ多いことでしょう。

小学校低学年のお子さんがいらっしゃるご家庭だと、夏休みは通常運転できない期間となり、忙しさも増えてしまいます。これは共働きだろうと、専業主婦(夫)家庭であろうと、同じだと思います。

しかし私個人で言えば、今年は逆で今日からかなりスケジュールが厳しい日程がしばらく続きます。
これは8月に極力お仕事を入れなかったことが起因しています。

ヨーロッパなどでは、1か月休暇はさほど珍しいことではないので、日本でも早くそうなれば良いのになと常々思っています。

とくに組織で働いている人ほど、本当はそうすることができるはずなので、国は積極的に諸外国の良い制度をどんどん取り入れて欲しいと切に願うのです。(インターバル規制や閉店法などなど)

 

話が少しそれましたが、8月は子どもと過ごす時間を積極的にとりました。

昨年は学童にお世話になった長男を学童ではなく、私と妻と祖父母のスケジュールを駆使して、家族と過ごす期間にして取り組んでみました。

いつも申しますが、期間限定の何年間かはこのように過ごすことに力を入れたいと思っています。

ある意味これは、“壮大な社会実験”(大げさです。)だと思って取り組んでいます。
2009年、周りに誰も育休を取得していない時期にも同じことを思っていました。

 

さあ夏のゴールも見えてきて、秋の気配が徐々に表れ始めました。

この秋はいつも以上に忙しく過ごすことも多いかもしれませんが、来年の夏に向けてまた一生懸命働こうと思います。

今日はこの辺で。