労働時間規制には大賛成

[更新日]

労働時間規制には大賛成

二日続けて記事のご紹介。

【参照】政府が残業規制を強化へ…上限設定、罰則も検討(読売新聞 2016.9.7)

 

私は会社勤めをしていた頃から、36協定は結局労働時間無制限だし、そういう企業はサービス残業当たり前だし、罰則規定あればなと常々思っていた人間です。

別に企業や組織がにくいと思ったわけではなく、いわゆるこのような企業を旧来の日本型組織と仮置きすると、旧来組織では制約社員が働き続けられないのです。

「人口ボーナス期」の国であれば、経済的にも上向きで労働力もたくさん確保できます。

しかし「人口オーナス期」に入った日本では労働力確保もそうですし、今所属している人が働き続けられることが、経営上も大事なポイントになるはずです。

罰則についても即実行しなければ絵に描いた餅になるので、制度もそうですが運用の面もしっかり見ていきたいと思います。

今日はこの辺で。

 

(img via:Wilhelm Joys Andersen)