当日黒子に徹する日

[更新日]

当日黒子に徹する日

徳倉です。

私が京都で学会登壇している同じ時間帯に、私が今年から通っている大学院においてもシンポジウムが開催されていました。

このシンポジウムは毎年、地域マネジメント研究科(MBA)に入学した一年生が行うもので、今年は「四国遍路」について取り上げシンポジウムを行いました。

 

私の担当は構成をメインとする部分で、基調講演・シンポジウムの構成や登壇者、事前打ち合わせやベース台本制作などを同期と共に作り上げました。

もちろんこれ以外にも色々な担当があり、それぞれのメンバーが手分けをして忙しい仕事と授業の合間に取り組みました。

結果としては、(株)四国遍路の佐藤社長の基調講演、シンポジストとして新日本ツーリスト(株)楠木社長、映像制作で有名な香西志帆さん、フリーフォトグラファーの藤原慶さんをお迎えして、160人を超える来場者と地元メディアも取材に訪れる大盛況でした。

当日黒子に徹する日

私は今回その現場にいないという立場でしたが、京都の出張から急ぎ戻り、懇親会の最後に滑り込むことができまして、成功の興奮の一端を感じることができました。

たまたま今回は表に出るというよりは裏方に徹することができ、普段登壇する諸々の機会を頂戴している側としても得るものが非常に多く、一回一回の講演やシンポジウムにかける主催者の思い、来て下さる方々の期待に応えられる自分でありたいと強く思った出来事でした。

今日はこの辺で。