月刊『事業構想』2月号にインタビュー掲載されました。

[更新日]

徳倉です。

企業活性・地方創生・イノベーションをテーマに東京・青山にある「事業構想大学院大学」の出版物、月刊『事業構想』2月号に長めのインタビューが掲載されました。

今回2月号のテーマは「働き方改革の新事業」ということで、弊社が地方で取り組み始めている所に注目していただきました。

都会ではなく、地方を切り口としての働き方改革について、自らもロールモデルとなり推進していく気持ちを新たにしています。

(※)記事のさわりの部分のみ下記のWEBページで読むことができます

【参照】起業家として「地方で生きる」 移住を成功させる「キャリア戦略」

 

それにしても12の事業や会社を取り上げていただく中、弊社には見開きで4ページを割いていただき本当に気恥ずかしい限りですが、取り上げられるという価値をさらに出せるよう取り組み続けたいと思います。

今年は働き方の中でもイクボス推進はもちろん、個人・チーム・地域の生産性をどのように捉え、成果を出しながらライフの時間を確保する、そんなイメージを持ち進めていきます。

今日はこの辺で。