アドバイザーであれば “あれこれ”言うべし!

[更新日]

徳倉です。

昨日の午後は、高松市役所にて事前協議とアドバイザーをさせていただいている委員会に出席。

アドバイザーを務めているのは「高松市女性職員活躍推進行動計画策定・実施委員会」でして、市役所内の会議です。

市役所、市消防局、保健所、市民病院などそれぞれから出席され、民間人は “私だけ”という構成です。

法律で特定事業主行動計画の策定が進むようになり、私の働き方やダイバーシティ、女性活躍推進の知見をもとにアドバイスしてくださいとのことで、取り組ませていただいております。

 

今回は、策定後の進捗報告と新年度からさらに取り組みを加速させるために何が必要か、何が問題かを話し合いいろんな意見を出させていただきました

  • この数カ月で働き方に関して世の中ががらっと変化してきていること
  • 女性職員の割合が増えているからこその働き方改善(高松市のHPでも公表
  • イクボス研修取組後の風土改革について
  • 男性の育休取得率向上に向けた取り組み(2/9四国新聞で紹介) ほか

私が把握している会社組織の事例や取り組み等をお伝えし、高松市役所内の働き方に少しでも良い変化が起きればとの思いでお話しいたしました。

 

自分の住む街の職員の皆さんがより良い環境で働くことができなければ、地域住民にとってもより良い行政サービスが展開できない可能性が高くなります。

私でできること、一生懸命取り組み続けたいと思います。

今日はこの辺で。