今朝のニュースと一年前のブログから

[更新日]

徳倉です。

このところ、宅配便業界からニュースが入ってきています。

その中でも、最大手が27年ぶりに値上げを検討と朝のニュースもトップ項目で入っていました。

 

ちょうど一年前に私はこんなことを書いています。流通業界で今後起きる変化についての予測です。

[更新日] 2016/02/25
流通業界で今後起きるであろう変化、先に言っておきます。

 

 

このときは3つほど挙げていましたが、そのうちの2つ目に「宅配サービスの単価が上がる」ことを書いていました。

イメージした予測を書いておくのは重要であると感じたわけですが、過重労働における人手不足が本格的に社会構造を大きく変える時期にきているのだと感じます。

 

おそらくただの値上げではありません。

値上げは最低限に抑えるので、サービスレベルを見直すという流れになるのではないかと予測しています。

他のライバル会社も現状維持では、宅配の荷物量が増えすぎて結果的に受けきれないと思うので、最大手と同じ流れになるのだと思っています。

時間帯指定の見直し、再配達時の付加料金など色々なオプションが出てくるでしょう。

 

当たり前のことですが、サービスにはお金がかかる。

経済成長が鈍化し、人口が減る中では人の生活をどのようにイメージし、働く人・サービスを受ける人それぞれのライフを充実させる必要があるのだと体感できるニュースでした。

今日はこの辺で。