内閣府にて男女共同参画連携推進会議(女性のエンパワーメント推進チーム)でした

[更新日]

内閣府にて男女共同参画連携推進会議(女性のエンパワーメント推進チーム)でした

徳倉です。

昨日は内閣府において、男女共同参画連携推進会議有識者議員として会議に出席。

私は2つの分科会に属しておりますが、その一つである「女性のエンパワーメント推進チーム」の最終会議でした。

このチームは

国連の動きと連動した「WEPs」の理解促進

女性のエンパワーメント原則(WEPs)

  1. トップのリーダーシップによるジェンダー平等の促進
  2. 機会の均等、インクルージョン、差別の撤廃
  3. 健康、安全、暴力の撤廃
  4. 教育と研修
  5. 事業開発、サプライチェーン、マーケティング活動
  6. 地域におけるリーダーシップと参画
  7. 透明性、成果の測定、報告

 

「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」

などを中心に関係団体と協力・協調して男女平等(男女共同参画)を推進する動きとっています。

 

主に企業に向けての働きかけが強い分科会であり、

私を含む有識者議員は

  • 明石伸子さん(日本マナー・プロトコール協会理事長 日本郵政社外取締役)
  • 石川康晴さん((株)ストライプインターナショナル代表取締役)
  • 犬塚協太さん(静岡県立大学男女共同参画センター長並びに国際関係学部教授)
  • 村山伸子さん(新潟県立大学人間生活学部教授)
  • 渡邉光一郎さん(第一生命保険株式会社 代表取締役会長)

といった皆さんと、全国の各団体から推薦された委員の方々で構成されております。

内閣府にて男女共同参画連携推進会議(女性のエンパワーメント推進チーム)でした

国が「こう進めましょう」と意思表示をしても中々進まなかった施策の一つが、この男女共同参画ではないかと私は思っております。

しかし、このように関係団体や経済団体を巻き込みながら進めていくことも大変重要だと会議に出るたびに感じ、私も僭越ながら地方からの声、若い世代からの声を建設的に提案しながら関わらせていただきました。

また6月に最終報告がなされると思いますので、そのタイミングで色々とシェアしたいと思います。

今日はこの辺で。