打ち合わせの効率化

[更新日]

打ち合わせの効率化

徳倉です。

春はとくに「打ち合わせ」のご依頼が多いのです。

打ち合わせの必要性は理解している上で書きますが、仕事を効率化や生産性を考える上でこの打ち合わせは大変重要になります。

私のように小さな会社を運営していれば、それはとくに大事なポイントになると思います。

 

昨日もあるお打合せのご依頼をいただいていて、もともとお付き合いのあるクライアントと担当者さんが「トップからこの案件は徳倉さんに相談してこい」と言われましたとのご依頼でした。

「オフィスに伺いたい!」とのお申し出でしたが、実際に来ていただくとなると、5月末まで時間が取れそうにないため電話でやり取りしたい旨をお伝えしました。

私からは「明日の朝一で電話する時間はあるので事前にサマリーを送っていただき、読み込んでご相談されたい内容を事前に教えてください」とお願いすると、夕方書類が届きました。

で、先ほど電話での打ち合わせが始まり、電話を切って時間を見ると12分32秒!!

大事なポイントだけお伝えし、先方も大変喜んでいただけました。

 

実際にオフィスに来ていただくなりお邪魔するなりして話すと、簡単に一時間程度かかる上に移動時間や準備時間も入れるとかなりの時間がかかります。

先日もスカイプで京都のクライアントさんと打ち合わせしましたが、やはり色々とメリットが多いです。

「ご挨拶」と称した打ち合わせのお断りはもちろんですが、必要ある打ち合わせをいかにに効率よく行うか、もちろん効率だけで測れない部分はもちろんありますが、お互いの状況を理解しながら進めていくことが結果的に社会の働き方を変えていく方向につながると信じています。

今日はこの辺で。