四国電力にて「eボス(イクボス)宣言」の立会いおよび講演を実施しました

[更新日]

四国電力にて「eボス(イクボス)宣言」の立会いおよび講演を実施しました(宣言者全員での集合写真)

徳倉です。

香川や四国エリアでは報道されていますが、昨日四国電力本店にて佐伯社長をはじめとする役員・本店在勤の管理者の皆さん約200名が「eボス宣言」をされました。

同社の公式ページでもさっそくニュースリリースがアップされていました。

▶︎「eボス宣言」を行いました(2017.5.15)

私は立会人として参加させていただき、宣言の後講演を担当いたしました。

演題は「eボス(イクボス)のススメ 新しいマネジメントで会社の未来をつくる」。

働き方の制度(ルール)がしっかりしていても、それを運用する風土(意識やツール)が、これからは求められる時代に入り、企業戦略として「働き方に投資していく」必要性があること。そして様々な事例などもご紹介しつつ、まずは参加された管理職の意識を変化させる一歩になればと思い、ワークショップ等も交えながらお話いたしました。

佐伯社長、宮内副社長からも講演終了後すぐに積極的なお話も頂戴し、今振り返ってみても、今後の四国電力の働き方の変化がすでに取り組んでいる四国地域の企業、自治体へのさらなる後押しにとシナジーをもって地域の良い変化につながることを感じた宣言式になりました。

引き続き「eボス」の推進にご協力させていただきます。

今日はこの辺で。

四国電力にて「eボス(イクボス)宣言」の立会いおよび講演を実施しました(宣言書を持って佐伯社長と)

<メディア紹介一覧>