「高松市移住応援隊」第一回ミーティングが開催されました

[更新日]

徳倉です。

7月1日に「高松市移住応援隊」の第一回ミーティングがたかまつミライエで開催されました。

私は、デザイナーの坂口祐さん、まるっと四国キュレーターの桑村美奈子さんと3人でこの応援隊リーダーを務めています。

「たかまつ移住応援隊リーダー」の委嘱を受けました

 

本格的なスタートとしての第一回ミーティングは、これまで市民(一般)・各種団体(子育て・地域・住宅・仕事)と市民目線に加え、各種移住を検討する際に必要な情報にアクセスできる各種団体の皆さんのサポーター登録を行い、その皆さんが参加下さいました。

今回は顔合わせの意味も含めて、忌憚なくいくつかのテーマに沿いながら、ワールドカフェ形式で意見を出し合いました。

出た意見については否定するのではなく、

① 何が自分たちで提供できるのか
② 市と協力する部分はどこか
③ 足りない部分はどこなのか

など、さらに議論を深めつつ、限られた時間の中で意見収集をいたしました。

 

サポーターの皆さんは年齢・性別はもちろんですが、所属も異なるがゆえに多様性があり、偏ることなく色々な意見と熱意をお持ちでした。

私はリーダーとしての責任の大きさや重さも感じながら、一人のUターン経験者としての意見も添えつつ、まずは一人でも多くの人に「高松市の本当の魅力」を知っていただくところからスタートし、引き続き大きなうねりを作っていきたいと思います。

当日はいくつかのメディア取材もあり、TVや新聞でも記事になりましたが、高松市民の皆さんにまずはこの活動が広く知れ渡り、情報が一か所に集約できる動きも同時に作りたいと思ってます。

今日はこの辺で。

【参照】