ちょっとだけずらす。

[更新日]

ちょっとだけずらす。

徳倉です。

先週はまるまるブログ発信をお休みさせていただいていました。

個人的につながりのある方はご存知だったと思いますが、家族全員でグアム旅行に行っていました。

ただ、私がバカンスしたいという意向もありましたが、行き先をグアムにしたのにはいくつかの狙いがあります。

それは、

① 時差が少ない
② 飛行機の搭乗時間が短い
③ キッズフレンドリー
④ 日本人がマイノリティー
⑤ 英語圏である

などです。

 

10歳以下の子どもを3人連れているので、移動や時差で疲れ切っては元も子もないのでまずは子どもの体調を優先。

そして、夏シーズンともあって「楽しい」思いをしてもらいたいため、プールや海で楽しめるスポットとして選びました。

もちろんこういう場所はキッズフレンドリーですので、その点でもポイントは高いのです。

 

④と⑤は親としての目線です。

これからの日本においては、海外とのやり取りや海外で暮らす、生きていくという選択肢もこれまで以上に多く、且つ現実的になってきます。

そういう意味では「海外に行ったことがある」「日本語が通じない場所にいる」「日本人が少ない」といったマイノリティー環境に、小さいときに経験をしておくことはプラスになるだろうと考えています。

 

また、私自身を振り返ると両親と海外に行ったことは、今のところ一度だけで、そのときは小学3年生(今の長男と一緒)でした。

今年は私の弟がベトナムに赴任するので、もしかするとベトナムに一緒に行く機会があるかもしれませんが、そんなことがない限りきっと海外は行かないと思います。

それゆえ、子どもと海外旅行をすることは親子にとって、また長い人生においてもメリットが大きいのではないでしょうか。

 

そしてタイトルにあるように、ほんの少し時期をずらしただけで費用も受け取るサービスも段違いに良くなることは言うまでもありません。

長くなったので今日はこの辺で。

(img via:flickr)