次のバカンスを考える

[更新日]

徳倉です。

お盆真っ盛りです。

お墓参りや近しい仲間の命日や帰省した友人、知人など直接会うか偲ぶかは置いておいて、多くの方に会っているつもりのお盆です。

 

自然に目を移すと徐々に夏のピークは過ぎ、草花や虫の声、姿、吹く風にほんの少し秋を感じます。

またこの季節は働き方の業界的には「休み方」についての記事が増えます。

ヨーロッパのバカンスに関してや、日本の祝日は多いけれど能動的な休日は少ない記事なども既視感があります。

 

さて、我が家においては長期の休みがある際に次の長期の休み計画を立てる習慣がいつからか芽生えており、先週来年の春休みにどこにどのくらい行こうかという話を家族でしていました。

実際、夫婦とも仕事の予定もあり私も講演等は2月までびっしりなので、半年前くらいにスケジューリングしなければ、いわゆる日本のピークシーズンに休む以外しかなくなるという選択しかできなくなります。

ゆえに、「少し先に少し長く」の私のバカンスモットーに反してしまわないように、この8月に来年3月の予定を決めるようにしています。

 

このメリットは計り知れない金銭的・精神的メリットがあるのでぜひ皆さんにおすすめしたいと思います。

今日はこの辺で。

 

(img via:M Murakami)