やりたいこと・できること・やるべきこと

[更新日]

やりたいこと・できること・やるべきこと(写真:ひまわりの里まんのう)

徳倉です。

子どもたちの夏休みが終わろうとしています。

今年の夏はこれまで以上に、子どもの夏休み期間は出張を控え、家族で過ごす時間を大幅に増やすということに舵を切りました。

 

多くの先輩父親経営者やサラリーマンの皆さんの話を総合すると、

「子どもが小さいときに一緒にいられなかった」
「妻に任せきりで…」

という話をかなり聞きましたが、結局のところ何を優先するかだと思うのです。

 

1日24時間という時間は限られた中、さらに今後平均寿命も延びる社会において、子どもと過ごす時間を思いっきり取るということが、今の私の中では「やりたいこと・できること・やるべきこと」のそれぞれの1位になったので、ほんの一か月ちょっとですが取り組んでみました。

するとどうでしょう、実質的な可処分時間が増えているのか新しい事業アイデアや新規のお話(自分のこれまでの領域から少し広がる分野)をはじめ、今年私が注力している修士論文など直接的な仕事というよりは来年以降、再来年以降に芽が出て花が咲くかもしれない可能性を秘めた「タネ」をたくさん獲得することができたような期間になりました。

 

私は物事の優先順位をつけるときに、タイトルに“あること”を一つ一つ考えてから実行に移すプロセスを持ちます。

常に「判断」を迫られるわけですが、“自分の判断軸”を持つことで失敗しても成功しても素直に受け入れられることが、また次の実行につながる良いルーティンになると考えています。

来週からはこの夏休み期間が嘘のように出張予定なので戦々恐々としていることは言うまでもありません。

今日はこの辺で。