ファザーリング・ジャパン関西理事会と天満橋での思い出

[更新日]

徳倉です。

28日月曜日はFJK(ファザーリング・ジャパン関西)の理事会でした。

事務所を引っ越ししてから2回目の理事会。

場所は天満橋にあります。

 

個人的な思い出になりますが、天満橋は思い出深い場所でして、まだ妻が長男を妊娠中のサラリーマン時代に出張で天満橋に数日来ていたとき、天満橋の駅ビルに入っている書店で「男性育休」の本がたった2冊だけありました。

当時妻と相談しつつ、育休を取るかどうか悩んでいたときに立ち寄ったこともあり、流し読みではありますがこの2冊をそのまま立ち読みで読み切ったのでした。(買うつもりがなかったのではなく、その場で読み続けてしまうほど情報を欲していたのでした。*ちなみに著者のお二人とはその後一緒にお仕事しているのできっと許してくれると思います。)

そんな思い出が詰まった天満橋で、関西からムーブメントを起こすNPOの理事として会議に参加することになるとは不思議な縁です。

ファザーリング・ジャパン関西理事会と天満橋での思い出

理事会では、年度内の事業はもちろん来年度事業についても様々な意見が飛び交いました。

また提案内容や方針を決め続ける姿勢は私自身の刺激にもちろんなりますし、全国の動きを具体的に知りつつコミットできることの重要性を感じています。

企業や自治体と連携しながら、「父親」の切り口で新しいことにチャレンジするFJKにご期待と関心をどうぞ寄せていただきたいと思います。

今日はこの辺で。