W杯出場と家族の問題

[更新日]

W杯出場と家族の問題

徳倉です。

サッカー日本代表がW杯出場を決めました。

おめでとうございます。

これまでのデータだと予選の初戦に敗れるとW杯出場可能性は0%とのことでしたので、昨日はデータを覆す大勝利だったのだと思います。(ちなみに私はサッカーが一番好きというほどではありません。基本テニスです。)

 

さて、私が注目したのはハリル監督が試合後に「家族の問題が起こった」という話題でした。

【参照】ハリル監督 試合前に帰国考えていた「家族の問題」 異例の会見 質問受けず

 

監督自身が家族の問題で帰国するかかなり悩んだということや、予選が全て終わった後に監督を辞任するような発言があったことで話題になっています。

私は常に家族の問題が優先されると思っています。

これが日本人監督であれば「叩かれる」ようなことになっていたかもしれないと思うと複雑な気持ちになりますが、こういうきっかけで日本の風土が変わればと思っています。

日本代表の監督業は誰しもが務められるわけではありません。しかし、ハリル監督でなければならないわけでもありません。

ご家族の問題が起こったのであれば、それはハリル氏ご本人でしか対応できないということなのだという当たり前の考え方を持てるようになりたいと思ったのでありました。

 

ちなみに監督が家族に問題が発生したので、「今日の質問は受け付けられません」と言っているのに、次の日に「家族の問題はこういうことである」と取材して報道している姿勢には私は賛同できません。

働き方や共感の仕方、それぞれに多様性を持ちつつ進めたいと思うのであります。

今日はこの辺で。