物事はシンプルに

[更新日]

物事はシンプルに

徳倉です。

あくまで仕事上においてたくさんの物事を同時に進める場合の私なりのポイントですが、「シンプルに捉え、実行する」という点に尽きます。

 

打ち合わせやメールでも、オブラートに包んだような表現が悪いとまではいいませんが、「できる」「できない」「したくない」などのジャッジに関することはできるだけシンプルに伝えるようにします。

時々それを「怖い」「冷たい」と感じる方もおられるようですが、先延ばしにして良いことなど経験上ほとんどなく、できないことでも短時間で決定してしまえば、お互い次の作戦を練られることも多いのではないでしょうか?

「こう言ったら嫌われるかもしれない」とか「相手がああ言っているということはこういうことに違いない」などと思いめぐらすのは、企業合併や外交問題くらいで十分なのではないかなと思うこの頃です。

 

「なるべくシンプルに短く。でも礼儀は大切に。」

これが同時並行で物事を進めるときの私なりの最大のポイントなのです。

今日はこの辺で。