上手くいくこと・行かぬこと①

[更新日]

上手くいくこと・行かぬこと①

徳倉です。

突然ですが、人生打率3割だとまずまずだと思っています。

プロ野球の世界では3割バッター(*簡単に言うと、打席に10回立てば3回ヒットを放つ打者)であればかなりの打者です。

これはもちろんプロフェッショナルにふさわしい対決の中での率ですので、一般社会で3割を求めることには異論があるかもしれません。

 

しかし、仕事においてもうまくいく事例とそうでない事例を自分なりに分析すると、いくつかの見えてくることがあります。(分析の手法は大学院でならったいくつかのケースやフレームを簡易的に使って思考を整理しています。)

少し興味深かったのが自分なりに上手くいかなかった事例のケースで、相手先に共通項がいくつかあったのがわかってきました。

具体的なことは書きませんがそういった分析をすることにより、自分たちのチームが今後どの部分に力を入れてチーム力や対応力を上げていくか、またうまくいかなかった事例を元に仕事の受け方や業務の進め方に変化をつけていくベースにしています。

 

12月には遠隔地にいるメンバーも香川に集まって合宿をする予定ではありますが、そういった点をベースにディスカッションすることが組織(チーム)の発展に寄与することを感じているこの頃であります。

今日はこの辺で。